しばらくの休職を経て利用した薬剤師の派遣での仕事


  1. ジェネリックの対応と利用者とのコミニケーション
  2. 結婚を機に派遣として働くことに。
  3. ニーズにあわせた社会復帰

結婚を機に派遣として働くことに。

写真

そんな中、薬剤師として仕事をしていた後に、結婚をしたことがあって、病院での勤務を退職したことがあります。 当初は専業主婦として毎日を送ることを希望していたのですが、実際に専業主婦になってみると、 自由な時間があり過ぎて日中の時間の使い方に困っていました。家に閉じこもっていると健康的ににも良くないと 判断することになって、後に再び薬剤師として仕事をすることを希望しました。

しかし、以前のように完全にフルタイムでの勤務では、家庭内での仕事を行うことが困難になってしまうことになり、 最初はパートでの勤務も視野に入れていました。ところがインターネットで仕事探しをしていると、 薬剤師派遣 サイトというものを見つけることができ、内容を読んでいると私に非常にマッチングしていることが分かりました。

派遣の仕事といっても非常に豊富な勤務内容が用意されていて、例えば週休2日で1日に3時間から5時間程度の勤務でも 可能にしているものや、フルタイムでも週に3回程度の勤務に限定されているものなど、様々なライフスタイルに 合わせた働き方ができます。要するに、希望する勤務時間を自由に設定できることになり、私のような人には好都合な環境です。 直ぐに登録を行ってみたのですが、サイト上では派遣であってもコーディネーターに相当するスタッフの方が在籍していて、 事前に入念なアドバイスを頂くこともできました。




TOP