しばらくの休職を経て利用した薬剤師の派遣での仕事


  1. ジェネリックの対応と利用者とのコミニケーション
  2. 結婚を機に派遣として働くことに。
  3. ニーズにあわせた社会復帰


ニーズにあわせた社会復帰

写真

仕事先に関しては勤務時間や日数などを細かく調整できる状態にあって、かなりの自由度を持っています。 実査に就業を決めた職場は調剤薬局に分類されているもので、以前勤務していた病院よりも小規模な環境ながら、 時給は高めに設定されていることも魅力です。急な用事などができてしまった場合でも、事前に派遣会社に連絡することで、 直ぐに対応してもらえることも嬉しい要因です。約1年程度のブランクを有していましたが、 勤務に関しては全く問題なく進めることもでき、人間関係も良好な状態です。

私の場合ではこの状態で一定の期間を継続して勤務してみて、他の医療施設などに移る可能性もありますが、 その点に関しても柔軟な対応が取れるメリットを持っています。人によっては正職員を目指す方も存在していて、 実際に成功された方もいます。私は何より自由な派遣という働き方に魅力を感じているので、現状を維持することで納得しています。

インターネットでは、数多くのサービスがありますが、薬剤師の仕事に特化しているサービスがあること自体知らなかったので、 これをきっかけとして同じように結婚などを期に辞職した方が、再び社会復帰するための方法としては、 非常におすすめになる手段と感じています。




TOP